介護ソフトで業務の効率化を目指しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

施設の特徴を知る

笑顔のシニア

施設は種類が豊富

介護施設には様々な種類があり、それぞれの種類によって内容が変わってきます。ご家族を入居させようか検討している場合は、介護施設の種類について最初に調べる必要があります。
介護付き有料老人ホームや住宅型有料老人ホーム、介護療養型医療施設など他にも数種類あるので、それぞれの特徴を調べておきましょう。

それぞれの施設の特徴

最もスタンダードな介護施設は介護付き有料老人ホームです。複数人の方が入居しており食事や介護、家事などのサービスを受けることができます。次に住宅型有料老人ホームですが、食事や掃除、洗濯のサービスの他に買い物などの代行もしてもらえます。生活全般の援助をしてくれるのです。そして最後に介護療養型医療施設ですが、長期間の療養生活が必要な人のための施設です。脳血管疾患や心臓疾患など様々な疾患に罹った方のケアをしてくれます。ベッドや医療機器が備わっているため、基本的に医療機関と同じような生活を送ることが可能です。

ニーズに合わせて選ぶ

このように介護施設によって全く特徴が異なるため、入居者のニーズに合わせた施設を選ばなければならないのです。身体の状態や生活レベルなどを見てどの介護施設にしようか判断をします。ひとりで判断が難しければ介護施設のスタッフに質問してみるのも良いでしょう。
日本全国数多くの介護施設があるため、資料を取り寄せしたりホームページを見たりして情報集めをしておくとスムーズに決められます。